スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    WONDER WOMAN #7-12

    WRITER:BRIAN AZZARELLO, ARTIST:CLIFF CHIANG

    ハデスに攫われたゾラを救出するため、地獄へ下る術を求めて、エロスとヘファイストスを訪ねたワンダーウーマン達一行。
    そこでワンダーウーマンはヘファイストスから、自分たちアマゾン族がいかに一族の血筋を維持してきたのかを聞かされる。アマゾン族は百年に三度、略奪の航海に出る。彼女たちはその航海で男と交わり、孕んだ子が女児であれば一族として迎え、逆に男児が生まれればヘファイストスと武器の取引をするための代償にされたというのだ。ヘファイストスの工房で働くアマゾン族の男たちが彼の奴隷であると感じたワンダーウーマンは、ヘファイストスを縛り上げ、彼らに自由を求めて立ち上がるよう語りかけるが、アマゾン族の男たちは、自分たちを育ててくれたヘファイストスは父であり、今の自分たちは幸せであると語る。結局、ワンダーウーマンも彼らの言葉を受け入れるのだった。

    ヘファイストスの作った武具に身を固め、エロスの拳銃を手にしたワンダーウーマンは、ヘルメスと共に地獄へ下る。地獄でゾラと再会した彼らだったが、地獄の支配者たるハデスは、ゾラを返すかわりにエロスの拳銃を要求する。ワンダーウーマンに拳銃を渡されたハデスはしかし、その銃で彼女を撃ち抜いてしまう。倒れたワンダーウーマンの意思により、ヘルメスはゾラを連れ二人で地上へ帰還する。そしてハデスはワンダーウーマンとの婚礼を宣言するのだった。

    ハデスとワンダーウーマンとの婚礼に、しかし神々はほとんどが招待に応えようとはしなかった。そんな中で地獄に向かったヘファイストスとエロス、そして彼らの同伴者として同行するレノックスは、地獄が支配者の結婚を祝うために死者の魂で荘厳な姿になっているのを目撃する。
    婚礼の席へと向かう途上、ハデスはワンダーウーマンに、婚礼に先駆けてウェディングリングを渡すことを提案する。しかし彼の言うウェディングリングとは、絞首台に設えられたワンダーウーマンの武器、捕らえた者に真実を語らせる投げ縄だった。ハデスはそれに首をかけたまま、愛を誓えとワンダーウーマンに命じるが…

    ワンダーウーマンの新シリーズ、2巻収録の物語は、この後地獄からの脱出を経て、ゾラの出産を目前に控え動き出したアポロとアルテミスの兄妹との対決を描いていく。
    全編を通して、神々が口にする、何かを得るためには対価が必要であるという考え方と、ダイアナとゾラの間に結ばれている約束という言葉の対照がひとつのテーマなのかなという気がする。その意味で、最終的にアポロと取引をしてゾラを守りきったはずのダイアナが、悲劇に見舞われたゾラと新たな約束を交わす#12のラストは深い意味を持っていると思う。
    一方で次々に登場する神々は相変わらず魅力的。今回新たに姿を見せたヘファイストスとアマゾン族の男たちの関係については、ヘファイストスがヘラの第一子でありながら、足の曲がった奇形児であるために彼女から疎まれていたという由来が下敷きになっていて、もちろんそれは望まれない子として生まれ、捨てられる運命にあるアマゾン族の男たちと重なる。アマゾン族についての新設定はどうかと思うけど、ワンダーウーマンのオリジン変更と方向性が揃っているのは評価できるかな。
    物語はこれから一転して、ワンダーウーマンは守り逃れる立場から一転して追いかけ、狩る立場にかわることになる。その中で現われるダイアナの異母兄弟たちもまた魅力的で楽しい。そのうち単行本1册分くらいのエピソードをまとめて紹介したいと思う。

    EARTH2 #1-6

    WRITER:JAMES ROBINSON, ARTIST:NICOLA SCOTT

    new52とは異なる世界の地球。異世界アポコリプスの軍勢により征服される寸前のこの世界で、ヒーロー達の反撃が開始される。バットマンの開発したコンピューターウイルスをアポコリプスの拠点であるタワーにインストールし、連鎖的に全てのタワーを破壊、アポコリプスの兵士であるパラデーモンを全て戦闘不能にしようというのだ。
    しかしその戦いの最中、スーパーマン、ワンダーウーマンが倒れ、ウイルスのインストールに成功したバットマンもまた、自爆装置の起動により帰らぬ人となった。タワーの破壊に際しスーパーガールとロビンはブームチューブの彼方へ消え、多くの犠牲と共に戦いは終わる。
    それから5年後、将来に不安を感じる青年ジェイ・ギャリックの目の前に、この世界の神々の最後の生き残り、マーキュリーが現われる。アポコリプスを上回る悪から逃れてきたと語るマーキュリーは、その最後の力でジェイに素早さの神としての力を与える。
    マーキュリーの遺した言葉に従い、世界政府軍から身を隠しながらフラッシュとしての能力を試すジェイ。アメリカから瞬く間にポーランドへと移動した彼の前に、翼を持つ女性ホークガールが現われる。
    一方、世界的企業GBCの若きCEOアラン・スコットは、中国を高速鉄道で移動中に恋人サムに告白するが、その直後、列車が大事故を起こす。恋人を失ったアランだったが、生命の化身と名乗る存在に命を救われ、地球を守る新たなチャンピオン、グリーンランタンに選ばれる。
    そんな中、世界中で植物が枯れる現象が発生し、ワシントンDCには灰色の使者グランディを名乗る存在が現われた。フラッシュとホークガール、グリーンランタンは、それぞれにその存在を察知し、アメリカを目指す。さらに、世界政府軍の超人兵士アル・プラット、コードネーム『アトム』もまたワシントンに降下する。しかし、アトムは混乱の中フラッシュらを攻撃、彼らを捕らえることが自分の任務の一部だと明かす…

    ジェイムス・ロビンソンによるDCのもうひとつの世界。
    このあと、単行本1巻相当の#6までは、アトムとその背後にいる世界政府の陰謀渦巻く背景をはさみつつ、ヒーロー達がグランディに対抗して力を合わせていく姿を描くことになる。
    一読して思うのは、これは全く新たに始まった物語であるということ。旧アース2の設定がオマージュ的に使われることもあるけれど、根本的にかつてのそれとは別物だということがこの作品の大前提にあると思う。
    そのことを端的に示しているのが、ニュースサイトなどで話題になったアランの設定変更。この作品では彼は同性愛者なわけだけれど、この設定を打ち出すことで、今度のアランはかつてのアラン・スコットや、彼が愛した家族、世界とは全然関わりのない別のものですよ、ということを示しているんじゃないかな。同性愛者という設定自体にも、恋人へ贈るはずだった婚約指輪がグリーンランタンとしての指輪になる、というギミックがあってそれなりに意味をなしていると思うので、このへん僕は肯定的に捉えている。
    その上で、今作は若きヒーロー達の群像劇としてドラマが作られていて、この点では非常に読みやすく、おもしろくできていると思う。ストーリーの中で初めてヒーローになるフラッシュとグリーンランタンの両者は、ヒーローになることを受け入れるのが早過ぎやしないかと思わないでもないけれど、5年前という、そう遠くない過去に世界規模の惨劇が起こっていたということで納得できないこともない。
    この二人なんだけれど、まだ能力もうまく使いこなせなかったり、何を信じるべきかわからなかったりするジェイに対して、アランはヒーローになってすぐに列車事故の犠牲者を救出したりと実に対照的。グランディとの戦いでもアランがリーダーシップを発揮することになる。けれどそんなアランがグランディに挑んでサムの幻影に惑わされ、一度は偽りの休息に身をゆだねようとする。一方で謎の人物スローンの助言により世界政府はワシントンへの核攻撃を決定し、発射されたミサイルが刻一刻と近づいてくる。
    この危機的状況のハラハラ感と、そこからの逆転が痛快で、ヒーローコミックとしてすごくよくできているな、というのが僕の印象。
    大きなひとつの世界をひとつのタイトルで説明しようという関係上、脇の設定を語るストーリーで1号分が費やされたりと、なかなか本筋が進まないのが難点だけれど、今のところは非常に楽しく読めている、そんなタイトルだ。

    ROCKETEER

    WRITER & ARTIST:DAVE STEVENS

    1938年、ロサンゼルス。曲芸飛行を生業にするパイロットの青年クリフ・シーコードは、ある日空港へと侵入した二人組が、自分の飛行機に隠した小型ロケットエンジンを手に入れる。その出力に驚嘆したクリフは、知り合いの技師ピーヴィーと共に、そのロケットで恋人ベティのために金を稼ごうと企む。二人はピーヴィーの発案で、舵取りの役割を果たすヘルメットを製作するが、うたた寝していたクリフは出場を予定していた航空ショーに寝坊する。
    ようやく会場にたどり着いたクリフだったが、彼の替わりにレースに出場していたパイロットのマルコムは、空中で飛行機の故障に遭ってしまう。マルコムを救うため、テストもしていないロケットで飛び立ったクリフは、見事マルコムの救出に成功するものの、減速の仕方がわからず、そのまま自分の家の近くへ墜落する。
    そこへ現われた拳銃を持った男に命じられ、車に乗せられどこかへと連れて行かれるクリフ。しかし彼らは途中で別の車により崖から突き落とされてしまう。自分たちを事故に追い込んだ男たちが、ロケットパックを狙うドイツのスパイであることを知ったクリフは、ロケットパックで空へ飛び上がり、その場を脱出することに成功するのだった…

    1982年に登場し、映画化もされたヒーローもの。
    Comixologyで買ってるのでタイトルは上のとおりなのだけれど、本で言うとThe Rocketeer: The Complete Adventures相当になる。
    ほとんど米Wikipediaの要約になるけれど、この作品は以下のものを収録している。

    ・Pacific Comicsから発行されたStarslayer#2-3のバックアップストーリー
    ・Pacific Comicsのアンソロジー誌Pacific Presents#1-2に収録されたストーリー
    ・Eclipse Comicsより出版されたThe Rocketeer Special Edition #1
    ・The Rocketeer Adventure Magazine #1-3(#1と#2はComico Comics、#3はDark Horseより出版)

    映画になっていたのは知っていたし、もっとたくさんのコミックスが出ているのかと思ったら、2011年にIDW社が新シリーズを出すまでに出版されたのはこれだけらしい。
    物語はいわゆるオリジン的な前半と、モデルとして成功するために旅立ったベティを追って、クリフがニューヨークへとやってくる後半に分かれる。The Rocketeer Adventure Magazineに収録されたのがニューヨーク編…なのだと思うけれど確証はない。誰か知ってる人いたら教えてください。
    全編を貫いているのはレトロなヒーロー活劇への愛。クリフは無鉄砲だけども正義感で、何よりベティを強く愛している。作品中のトラブルの半分くらいは、ベティを愛するが故のクリフの暴走が原因だと思う。
    一方でヒロインのベティは、勝ち気で功名心が強く、クリフの示す愛情すら、ときに煙たがるような女性。劇中何かとセクシーな格好になったりする、絵から抜け出してきたピンナップガールみたいな人で、それでいてやっぱり最後にはクリフのことを想っていたり。
    この二人を中心に物語が回っていくのだけれど、ロケットパックを狙う人物が次から次に現われ、怪しげに見えた人物が実は味方だったりという敵味方入り乱れる前半がやっぱり楽しいね。はじめジェットパックの使い方がわからず地面に激突したクリフが、操縦方法を会得して使いこなせるようになっていく展開もいい。それに対して後半では、クリフを助ける謎の人物ジョナスがちょっと万能すぎるきらいがあるように思う。
    通して気になったのは、アメコミによくあるような悪の黒幕的存在がいないところ。ニューヨーク編では大男ロサーが悪役の役回りだけれども、これもヒーローと対決するアークヴィラン的な存在とは違うような。意図的なのか、それとも号数がそこに至るまで出ていないというだけなのか、どうなんだろう。

    DAREDEVIL #13

    WRITER:MARK WAID, ARTIST:KHOI PHAM

    ブラックスペクターの脅迫を受け、デアデビルはオメガドライブを首に提げてニューヨークの夜へ飛び出す。彼を追って他の犯罪組織、ハイドラ、エージェンス・ビザンチン、シークレットエンパイア、A.I.Mも姿を現し、夜の街で激闘を繰り広げる。複数の組織を相手に、さすがのデアデビルも苦戦し、とうとう捕らえられてしまう。さらに、そこへ現われたブラックスペクターの増援が、他の犯罪組織を蹴散らし、とうとうオメガドライブを手にする。

    オメガドライブ編の完結編。オメガドライブを奪ったブラックスペクターについては、ちょっと拍子抜けするようなオチが待ちかまえていて、どういう結末になるだろうと期待していたら肩すかしを食らった気分。とはいえ、ラトベリアへ転送されてしまう最終ページの展開には(広告等で次号の表紙を知っていたとは言え)驚かされた。
    一方でフォギーはマットの言動への疑念を募らせ、彼の仕事部屋で驚くべきものを発見してしまう。マットが「明るくなった」裏に一人で抱え込んでいる問題があるのではないかというフォギーの懸念は、#1からちょくちょく描かれてきたもの。最新号(#22)を読んだ後で見返すと、それだけではない伏線めいた描写があって驚かされるけれど、このペースだと#22の紹介なんていつになることやら。

    DAREDEVIL #12

    WRITER:MARK WAID, ARTIST:CHRIS SAMNEE

    検事補のカースティン・マクダフィーとのデートで、マットは自分と同じ盲目の世界を体験したいという彼女の願いに答え、その目をスカーフで覆ったまま街へと繰り出す。
    彼女の問いに答え、大学時代のフォギーとの思い出を語るマット。フォギーはかつて、彼を目の敵にする教授のレオポルド・ヨークにより、昔の学生の論文を盗用したという濡れ衣をかけられ、大学を追い出されようとしていた。マットは彼と一緒にその反証を集め、講義室で逆にヨークが論文盗用の偽証をしたとして裁判のデモンストレーションをはじめるが…

    今回はデアデビルとしてのアクションはお休み。フォギーとの関係が改めて語られることで、次回以降しばらくギクシャクすることになるフォギーとの関係を際だたせている。
    カースティンはマット・マードック=デアデビルと信じていて、同様に彼が盲目を偽装していると考え、さまざまなイタズラをしかけるのだけれど、それがすごく子供じみていて可笑しい。本人の目の前で上着をめくってみせて、丸見えのブラジャーに書いてあるのが"YOU ARE DAREDEVIL"なんてこと、思いついてもなかなかできるものじゃないよね。
    今回のラストで、オメガドライブを狙う犯罪組織のひとつブラックスペクターがついに直接マットのもとに直接脅しにやってきて、次回でオメガドライブを巡る騒動は一段落することになる。そう間を開けずに#13も紹介するつもり。
    プロフィール

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    06 | 2017/03 | 07
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。