スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    HAWKEYE #2

    WRITER:MATT FRACTION, ARTIST:DAVID AJA

    街中で大きな犯罪を示唆するバガボンド・コード――落書きにみせかけた、流れ者たちに伝わる暗号――を多く見かけることに気づいたクリントは、もうひとりのホークアイ、ケイト・ビショップとともにサーカスの公演に赴く。そのサーカスの主賓達がキングピンやマダム・マスクら金持ちのヴィランであること、そしてサーカスの団長が自分と同じくソーズマンことジャック・デュケインを師としていることに気づいたクリント。そしてサーカスは演目の中に催眠術を仕込み、ヴィラン達が金庫に預けた金や身につけた金品を奪っていく。特殊なガラスのサングラスで催眠を逃れたクリントとケイトはサーカス団に立ち向かうが、二手に分かれたところでクリントは捕まってしまう…

    ホークアイの個人シリーズ第2話は、ホークアイの名をいったんは譲り渡した相手であるケイトとの共演回。この後、ケイトはこのシリーズのレギュラーキャラになる。
    お話は単純だけど、冒頭にクリントに向かってケイトが、4本の矢を同時に射てみせてと軽口を叩き、後半のアクションで実際にケイトがそれをやってみせるところや、さらにその直後にクリントがそれを上回るような曲芸射撃を見せるあたりが見事な構成。悪党から盗んだ金を正義の味方であるホークアイが巻き上げ、ボートで颯爽と去っていく幕切れも爽快で素敵だ。
    ラストの会話がまたクリントとケイトの微妙な距離を表現してておもしろい。なぜ自分を相棒として選んだのかというケイトの問いに、クリントは色々と答えた後で、"...BECAUSE I DON'T WANT TO SLEEP WITH YOU?"と言っちゃっているけれど、さて、どうなるやら。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。