スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SUPERGIRL #8-10

    WRITER:MICHAEL GREEN, MICHAEL JOHNSON, ARTIST:GEORGE PEREZ(#8), MAHMUD ASRAR(#9-10)

    ワールドキラーを退けたものの、脅威を感じた兵士達に銃口を向けられるスーパーガール。そこへ飛び込んできたのは、彼女にも理解できる言葉を話す白髪の少女だった。スーパーガールはともかくも彼女を連れてその場を逃れる。シボーンという名のその少女はスーパーガールに、自分はダブリンからニューヨークへ移り住んだばかりだと説明する。動物たちの交わす言葉すら理解して話すことができる不思議な能力を持つシボーンの誘いに乗り、彼女の住まいへ向かったスーパーガールは、変装してシボーンと共に夜の街へ出かける。
    ナイトクラブで歌うシボーンの声に聞き惚れるカーラだったが、突如様子の変わった聴衆が彼女に襲いかかる。さらにシボーンの父ブラックバンシーを名乗る男が現われると、それに呼応するようにシボーンも怪人シルバーバンシーへ姿を変え、ブラックバンシーに戦いを挑む。ブラックバンシーは娘であるシボーンの魂をつけねらい、かつて彼女の兄トムをその手にかけていたのだ。
    シボーンを気遣い彼女のそばにいようとするスーパーガールだったが、ブラックバンシーの力によりクリプトン人の能力が暴走し、人々を傷つけてしまう。ブラックバンシーに一矢報いようとその身体に飛び込んだ彼女は、ブラックバンシーの体内に広がる世界でその化身たるドラゴンに脅かされる。さらにはクリプトン人の力も失いかけていることに気づいたスーパーガールを助けたのは、かつてブラックバンシーに吸収されたトムだった。彼の助けを借り、ドラゴンを撃退するスーパーガール。
    スーパーガールとトムを吐き出したブラックバンシーはシルバーバンシーに吸収され、トムと再会した喜びによってその姿もシボーンのものに戻る。かくしてスーパーガールに、地球人の友人が二人できたのだった。

    スーパーガールの次なる冒険は、クリプトン人にとって相性の悪い魔法という力との戦い。とは言っても、お話の主眼は初めてできた地球人の友達シボーンとの交流かな。はじめて具体的に「守りたい人」ができたスーパーガールが、力の及ばない相手にせいいっぱい立ち向かう姿には素直に声援を送りたくなった。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。