FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    WINTER SOLDIER #4-5

    WRITER:ED BRUBAKER, ARTIST:BUTCH GUICE

    ラトベリア大使館のドクター・ドゥームと面会したバッキーは、彼にマダム・ルシアの情報を伝え、起動されたドゥームボットの行方を探査してもらうことに。ドゥームボットが今まさに国連ビルにいることを確認したバッキーとドゥームは、ドゥームが大使館内で密かに建造していたジェット機を使って国連ビルに乗り込む。
    ドゥームボットを破壊し、ゼファイア計画が生んだ兵士のひとりアーケイディの身柄を確保したバッキー達だったが、マダム・ルシアの真の狙いはドゥームボットに記録されていた、ラトベリアの秘密核ミサイルサイロの発射コードであったことを知る。急ぎドゥームの手でテレポートを行い、ラトベリアの核サイロへ向かったバッキー、ドゥーム、そしてブラックウィドーの三人は、レッドゴーストの配下のゴリラたちと戦い、マダム・ルシアを倒す。バッキーはミサイルの制御室で、ゼファイア計画の生んだ兵士ドミトリと対峙し、彼を説得しようとするが、聞く耳を持たないドミトリをやむなく殺害する。
    一件落着となった今回の事件だったが、レッドゴーストはいずこかへ逃走し、またマダム・ルシアの口からは意外な事実が語られる。彼女たちはゼファイア計画の三人の兵士の起動コードを手に入れたはずだったが、最後の一人、レオ・ノヴォコフは彼らが眠りから目覚めさせる前に行方不明となっていたのだ…

    ロンゲスト・ウィンター編完結。常識人であるバッキーといかにもコミック的な尊大さを持つドクター・ドゥームとの組み合わせが楽しい。秘密裏に作戦を遂行しようとするバッキーに対して、あくまで自分のやり方を貫くドゥームの姿勢というか、本人にとっては自然な態度が噛み合っていないのがポイントだね。
    ドゥームの存在感に押されてちょっと影の薄い感があるバッキーだけれども、同じ冷戦時代の遺産としてドミトリを説得しようとする場面が印象的。彼の語る新しい世界を受け入れられないまま、ドミトリは死んでしまったように見えるのだけれども、その後で彼は核攻撃を行う命令に従わなかったことがわかる。冷戦時代に生きた彼にも越えてはいけない一線があり、それを守りながらも古い生き方に殉じるしか道がなかった。これは、キャップの前で記憶を取り戻した後、コズミックキューブもろとも自分を消し去ろうとしたバッキーにとって、自分と重なるものがあったんじゃないかなあ、と思う。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。