スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    AMAZING SPIDER-MAN #680-681

    WRITER:DAN SLOTT & CHRIS YOST, ARTIST:GUISEPPE CAMUNCOLI

    ピーター・パーカーが勤めるホライゾン・ラボが軌道上に建造した宇宙ステーション、アポジー1。J・ジョナ・ジェイムソンの息子で宇宙飛行士のジョンが、アポジー1から地球のJJJと更新している最中、突然通信が途絶える。その場に居合わせたピーターはFFの装備なら宇宙へ行けると考え、ラボを飛び出す。
    バクスタービルディングへ向かったスパイダーマンだったが、そこにいたのは最近ネガティブゾーンから帰還したジョニー・ストーム一人だった。彼をせかし、FF所有の小型ロケットでアポジー1にたどりついたスパイダーマンだったが、宇宙ステーションの内部は人工重力が切られている上に、乗組員がどこにもいないことに気づく。
    無重力に苦労しながらアポジー1の内部を調べる二人の前に、大量の小型オクトボット――ドクター・オクトパスの作ったロボット――が姿を現す。スパイダーマンのウェブは無重力化ではうまく使えず、ヒューマントーチの炎はアポジー1内の残量のわからない酸素を消費するために使えない。しかしその前にジョンが現われ、パルス銃でオクトボットの機能を麻痺させる。彼に案内されたスパイダーマンとヒューマントーチは、ジョン以外の乗組員がオクトボットに取り付かれてゾンビ化していることを知る。いったん脱出し、アベンジャーズの助けを借りようとする三人だったが、邪魔者が現われたことに気づいた地球のドクター・オクトパスはロケットを破壊し、アポジー1を地球に落下させようとする。スパイダーマンはヒューマントーチの持つリード・リチャーズ特製の携帯電話でホライゾン・ラボと連絡を取り、一時的にアポジー1の空気をなくすことでゾンビ化した乗組員を無力化する。
    磁石の特製を持たせた新作のウェブを使ってゾンビ化した乗組員を残らず捕まえたスパイダーマンは、一番構造が丈夫な試験区画に避難し、ヒューマントーチの熱吸収能力を使って大気圏突入をやり遂げるのだった。

    スパイダーマンと、最近生きていたことが判明したヒューマントーチの共演話。冒頭から自分が「死んでいた」間に撮り貯めたビデオを見ながら踊っているジョニーが楽しい。その後も、自分の死んだ後のために、FFのメンバーにピーターを薦めるビデオを残していたことについて「そんなことはしてない」ととぼけたり、自信満々にリード特製の携帯を取り出したり、マグネットウェブがあれば最初の時点でオクトボットの問題を解決できたことに気づいてピーターと言い争いをしたり、いつもの調子でピーターと漫才を繰り広げるジョニーの姿には安心した。FF本誌ではネガティブゾーンからの帰還後は少しシリアスな面が目立っていたからね。
    とはいえ、死線をくぐり抜けて復活を遂げた彼は、今までとどこか違った面も持っていて、シリアスなモードへの切り替えがちゃんとできたり、ダン・スロットのスパイディのキャッチフレーズである"NO ONE DIES!"(誰も死なせやしない)に対して、人はみんな死ぬもんだと冷静にツッコんだりもしている。
    お話については、ジョニーの持っている携帯があれば宇宙からアベンジャーズ呼べるんじゃないの? といったツッコミどころはあるけれど、ピーターとジョニーの掛け合いで乗り切った感じかな。マグネットウェブを使うのを本気で忘れていたピーターには笑ってしまった。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。