スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    GREEN LANTERN #67

    エンティティたちに憑依され、クロナの下僕と化したガーディアンたち、そしてパララックス、クロナと、正気を取り戻したグリーンランタンたちとの戦いが始まった。ハルはカイルの筆の力を借り、黒の書に閉じこめられたキャロルやシネストロたちを救出することに成功するが、彼らのリングはクロナに奪われてしまう。七色の力を使いこなすクロナに押されるグリーンランタンたち。そこへ、ハルの言葉に心を動かされたシネストロが乱入する。そしてイエローリングの力を失いながらも、素手でクロナに立ち向かうその姿の前に、ひとつのリングが現れる。彼を新たなグリーンランタンとして認めたそのリングを手に取り、ハルとともにクロナに立ち向かうシネストロ。ハルの渾身の一撃に、とうとうクロナは斃れる。
    しかし正気を取り戻したガーディアンは、リングのプロテクトを超えて自分たちの一員であるクロナを殺すことができたハルに危惧を覚え、彼からリングを取り上げて地球に送り返すのだった。

    怒濤の勢いで続いたグリーンランタン誌を横断したWar of the Green Lanterns展開も、ここでひとまず区切りがついた。相変わらずの熱い展開のなかでも、自分は誰しもが持つ可能性のために戦っているのだ、というハルの言葉、そしてその言葉を耳にしたシネストロの表情が心に残る。その言葉は多分、シネストロがかつて掲げていた、あるいは今でも持っているのかもしれない理想と共鳴するものがあったんだろう。
    実は九月のリランチ後のタイトルでは、僕はグリーンランタン系はカイルを主人公にしたGreen Lantern:New Guardiansだけ手を出そうと思っていたのだけれど、今回の話を読んで他のタイトルも予約をやり直してしまった。それだけ各キャラクターの今後が気になるイベントだったし、特にジェフ・ジョーンズの描くシネストロは複雑で格好のいいキャラクターだと思い知らされた、といったところだ。
    仕切り直してどういった方向に話が進むのか、グリーンランタンたちのこれからにも期待したい。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。