FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SUPERBOY #2

    Written by JEFF LEMIRE
    Art by PIER GALLO

    スーパーボーイの前に姿を現したポイズン・アイヴィーは、自分の力が何者かに奪われたこと、その何者かがスモールヴィルの植物を成長させ、操っているらしいことを語る。
    しぶしぶながらアイヴィーに同行することにしたスーパーボーイは、彼女の案内で騒動の中心、ギリアム老人の農場へと向かう。そこで彼が見つけ出したのは、謎の機械に繋がれたギリアム老人だった。「壊れたサイロを探せ」老人の言葉も気にかけず、アイヴィーは機械から老人を無理矢理引きはがし、取り戻した能力でスーパーボーイを襲う。彼女ははじめから、植物を急速に成長させるこの機械を狙っていたのだ。
    アイヴィーの力に操られそうになるスーパーボーイだったが、その場へ騎兵隊ならぬサイモンが現れる。彼の作り出したパラサイトフロッグの集団によって力を奪われたアイヴィー。スーパーボーイは謎のカウントダウンを続ける機械を抱えて、スモールヴィルに被害を出さぬよう高々度へ飛び去る。しかし、カウントがゼロに達すると、機械は自壊して消滅するのだった。

    ポイズン・アイヴィーとの即席チームアップ、かと思いきやあっさりと裏切られ、今回のコナーにはあまりいいところがなかったね。今回はスーパーボーイのサイドキックとしてのサイモンの紹介を兼ねた、これからの展開への伏線準備といったところだ。そのサイモンだけれど、発明家の友人という設定はヒーローの相棒としてはありがちでありながら、カエルとパラサイトの体組織を掛け合わせるというマッディーな側面を早々に見せてくれることで、オールドスクールな大物ぶりを見せてくれる。彼のこれからの活躍にも期待したいところ。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。