スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SHADOWLAND #5

    Written by ANDY DIGGLE
    Penciled by BILLY TAN

    今にもフォギーを殺しそうなデアデビルに対し、何とか立ち上がったアイアンフィストが渾身の一撃を見舞う。それにも動じない気配のデアデビルだったが、気とは破壊する力であると同時に創造する力でもあると語るアイアンフィストの言葉に応え、彼の中でマット・マードックが目覚めようとしていた。そして精神世界で両親に責められる子どもの姿のマットのもとにエレクトラが現れ、自身が作り出した恐怖を乗り越えるよう諭す。彼はエレクトラの差し出した日本刀を手に取り、自分自身に刀を突き立てる。
    現実世界ではデアデビルが倒れると同時に、暴動を起こしていたヘルズキッチンの人々も正気に戻っていた。争いが終わり、ハンドの残党を連れて逃れるタイフォイド・マリーのもとにはキングピンが現れ、自身が新たなハンドの首領となることを宣言する。
    そしていつのまにかシャドウランドから消えたデアデビルの体。彼は深夜の教会に姿を現し、神父に己の罪を語り始めるのだった……

    シャドウランド完結編。いろいろとあった割には小さくまとまったなという印象。エレクトラが自分の殻に閉じこもるマットに投げかける、自己憐憫に囚われてしまったことが悪魔につけいる隙を与えたという言葉は、わかるようなわからないような。エレクトラにちょっと言われたくらいでその気になるということは、結局誰かに自分を断罪してほしかったのかなあ、という気はする。
    結局マットが死ななかったことについては、僕は肯定したいと思う。バットマンが時空を越える旅で自分を再発見したように、デアデビルというヒーローにとっても、自分を見つめ直す機会が与えられるというのは必要なことなんじゃないかな、と思えるからだ。
    とりあえずはDAREDEVIL:REBORNで今回のライター、アンディ・ディグルがどんな答えを用意するかに期待したいと思う。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。