FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    AVENGERS: THE CHILDREN'S CRUSADE #3

    Written by ALLAN HEINBERG
    Art by JIM CHEUNG

    ワンダの姿をしたドゥームボットを前に、今後の行動について話し合うマグニートーとクイックシルバー、そしてヤングアベンジャーズの面々。おそらくワンダはドクタードゥームに囚われているのだろうという推測は立ったが、正面切ってラトベリアを敵に回すことはさすがのマグニートーも避けようとする。
    救出のためのチームを組織しようというマグニートーの意見に、一行はとりあえず一晩をワンダゴアで過ごすことにする。しかしウィカンは皆が寝静まった頃を見計らい、書き置きを残してラトベリアへテレポートするのだった。
    ラトベリアはドゥームの居城に潜入したウィカンだったが、ドゥームボットに囲まれ、さらに姿を現したスカーレットウィッチにより捕まってしまう。マグニートーのこともクイックシルバーのことも憶えていないようすのワンダは、明日、自分とドゥームが結婚することを告げるのだった。

    冒頭、ドゥームの説明で、彼をウィカンと同じく魔術のために母を失い、そして母を救おうとして失敗し、ヴィランとなったという言い方になるほどと思った。確かにそういう見方をすれば、この物語にドゥームが絡んでくるのも必然なのかな。
    一方でヤングアベンジャーズと対立する大人たち、彼らと同じくワンダを探そうとするアベンジャーズはワンダーマンを呼び出して協力を頼もうとするけれど、ワンダを殺すと息巻くウルヴァリンのおかげでワンダーマンは独自に行動する結果になってしまう。このあたりは物語における対比もあるとはいえ、大人たちの情けない面が目立つのが悲しいね。ウルヴァリンのワンダに対する頑ななまでの決意は、おそらくダークフェニックス・サーガでのジーン・グレイの顛末と関わってくる問題なんだと思うけれど、そのへんはハウス・オブ・Mを読まないとわからないかなあ。今度邦訳版を買ってみよう。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。