スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    AVENGERS #4-5

    Written by BRIAN MICHAEL BENDIS
    Art by JOHN ROMITA JR.

    未来へ向かったアベンジャーズ一行は、何者かの攻撃を受けて倒される。気がつくと目の前にはアベンジャーズに似た姿の若者達と、年を重ねたハルク=マエストロの姿が。さらに、老人のトニー・スタークも姿を現し、現在のトニーのアーマーを強制的に停止させる。ウルトロンの目から隠れるために仕方なくそうしたと語る老トニーは、タイムストリームの異常のために、自分たちが同じ一日を繰り返し生きていると語る。そして自分と現在のトニーとの違い、マーベルボーイの存在がこの事態を解決する鍵になると言うが、そのとき時空の異常が彼らを包む。
    気がつくと、アベンジャーズは再びアポカリプスの四騎士と戦っていた。時間がちょうど一日戻ってしまったのだ・・・

    あれ、あと一回でこのストーリーアークはおしまい? というのが読んで最初に感じたこと。時間がループしてしまう、という状況を説明するのに2回も費やすことはないんじゃないかなあ。現在に残ったスパイダーマン達の事情なんて、「繰り返し」の後ではまったく意味がないわけだし、紙幅を割く必要があったのか疑問。
    うーん。ベンディスの悪いところを、リアルタイムで体験している気がする。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。