FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    HEROIC AGE: ONE MONTH TO LIVE #1-5

    Written by RICK REMENDER(#1,#5), ROB WILLIAMS(#2), STUART MOORE(#3), JOHN OSTRANDER(#4)
    Penciled by ANDREA MUTTI, KOI TURNBULL & MORE


    愛する妻アビーと、両親が死んだために引き取った、反抗期の姪ケリーと共に暮らす平凡な男性デニス・サイクスは、偶然見かけたいさかいから老人を救おうとして汚染物質の塊を頭からかけられてしまう。たまたまそこに通りかかったシングに救われたものの、デニスはMr.ファンタスティックに、自分が急速に進行する癌に冒されていることを知らされる。Mr.ファンタスティックにすら救う手段のないその癌により、彼は自分に残された時間がわずか一ヶ月であることを知らされるデニス。だが一方で彼は、自分が触れたものを意のままに変化させる能力を得たことに気づく。
    その能力を使って遺される家族のために泥棒を企てるデニスだったが、家族にそのことを知られ、一旦盗んだ金を返しに行く。金を返しに行った先でスパイダーマンに出くわし、彼の手で捕らえられるも、間違った行いを正すチャンスをもらって解放されるデニス。そして彼はスパイダーマンに、自分もヒーローになりたい、その手助けをしてくれと頼むのだった。
    スパイダーマンと共に、ありあわせのコスチュームを身につけたデニスはニューヨークの街へ飛び出していく。彼は自分の家がMr.ネガティブの手下に襲われていることに気づくと、敢然とその前に立ちふさがる。自分の能力を使い、敵を蹴散らしたデニス。その夜、彼の家にファンタスティック・フォーがやってくる。宇宙の危機を救うため、彼の力が必要だというのだ。
    彼らと共に、銀河の中心に向かって突進する生ける惑星エゴの元へ向かうデニス。その道中で彼は、インビジブルウーマンに「フラックス」というヒーローとしての名をもらう。
    エゴに到着し、その能力でエゴを作り替えようとするデニス。しかし、エゴの苦痛を感じてそれを止めてしまう。彼はエゴが自分たちの到着より前から痛みにもだえていたことに気づいたデニスは、その原因、エゴの地下深くに寄生した宇宙生物を取り出すことに成功する。エゴは彼に感謝の言葉を伝え、去っていく。しかしデニスは地球に帰り着くと同時に倒れてしまうのだった。
    とうとう家族に自分の病気のことを知られてしまったデニス。そんな彼に、Mr.ファンタスティックは、サベッジランドに10年に一度咲くという「蘇りの百合」のことを伝える。もしかしたら、その花が彼の命を救えるかも知れないというのだ。デニスがファンタスティック・フォーと共に留守の間、アビーとケリーを見守っていたウルヴァリンと共に、今回は家族三人でサベッジランドへ向かうことになったデニス。現地でサベッジランドの王者ケイザーと合流するも、サベッジランドの生物資源を狙う一団との戦いとなり、ケリーが怪我を負ってしまう。怒りに燃えるデニスによって土塊へ変化させられる敵の一団。そしてケリーの傷を癒すため、デニスは「蘇りの百合」を使ってしまうのだった。
    能力の使用がさらに病状の悪化を進める。デニスに残されたのはもはや数日。だが彼とケリーはサベッジランドの一件で和解を果たし、デニスは死を受け入れつつあった。だが、そんな彼の家に、Mr.ネガティブの部下、ハンマーヘッドが再び姿を現した…

    マーベル9月度の企画、一ヶ月でミニシリーズ五冊を週刊で刊行するという試みのお話の中身は、残りの人生が一ヶ月と知った男の人生を描く物語だ。
    全体の感想を言うなら、人によってすごく評価が分かれるだろうな、といったところ。ライターとアーティストを一回ごとに変えることでその微妙な違いを浮き彫りにするといった楽しみはあるものの、基本的には「死が迫った男が、ヒーローになる話」と言われて思い浮かぶようなイベントが多くて、王道ということもできるけど、古典的なパターンの枠の域を出ないとも言えると思う。
    ただ個人的には、読んで良かったと心から思える物語だった。それは物語の根幹に、デニスが善良な人間である、というしっかりとした設定があるからだ。彼は望まない仕事を家族を養うために続け、良心から喧嘩を止めようとし、家族を思うが故に泥棒を企て…こうした善良さは、ファンタスティック・フォーと共にエゴと対峙するときも変わらない。そしてその善良さゆえに、彼は最期にヒーローとして死ねる。彼は亡霊と出会ったスクルージではない、というところに僕は惹かれるんだと思う。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    08 | 2018/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。