スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    DAREDEVIL #16

    WRITER:MARK WAID, ARTIST:CHRIS SAMNEE

    アベンジャーズにより救い出されたものの、昏睡状態に陥ったままのデアデビル。トニー・スタークは縮小化したジャイアントマンを彼の脳内に送り込み、ドゥームのナノボットを直接倒そうと試みるが、無数のナノボットを相手にジャイアントマンは苦戦する。
    一方で、ジャイアントマンの額のアンテナが折れたことがきっかけとなり、デアデビルは奇妙な夢を見ていた。かつての恋人のかわりに脳内に浮かぶ、愛おしく思える誰か。それはジャイアントマンことハンク・ピムの死んだ妻、ジャネットだった…

    ラトベリア編の落ち穂拾いといった風な今回、ゲストはアイアンマン、ドクターストレンジ、そしてジャイアントマンの三人。ドクターストレンジが天才的な脳外科医だったという経歴を買われての登場というのが捻くれてていいね。ジャイアントマンが一瞬レーダーセンスを共有することによって危機を脱する展開、そこから回復したマットの去り際の一言も、なるほどと思わせていい。
    今回のお話はこれで終わりではなく、このシリーズの始まりから伏線が敷かれてきたフォギーとの微妙な関係が、ついに破綻を迎えてしまう。父ジャックの遺骨が自分の机に隠されていたことを知ったマットは、混乱してこれは誰か自分を狙う人間の仕業だと言うのだけれど、フォギーが危惧しているのはそういうことではないわけで、このあたりのボタンの掛け違いが、しばらく物語を引っ張っていくことになる。
    スポンサーサイト

    HAWKEYE #2

    WRITER:MATT FRACTION, ARTIST:DAVID AJA

    街中で大きな犯罪を示唆するバガボンド・コード――落書きにみせかけた、流れ者たちに伝わる暗号――を多く見かけることに気づいたクリントは、もうひとりのホークアイ、ケイト・ビショップとともにサーカスの公演に赴く。そのサーカスの主賓達がキングピンやマダム・マスクら金持ちのヴィランであること、そしてサーカスの団長が自分と同じくソーズマンことジャック・デュケインを師としていることに気づいたクリント。そしてサーカスは演目の中に催眠術を仕込み、ヴィラン達が金庫に預けた金や身につけた金品を奪っていく。特殊なガラスのサングラスで催眠を逃れたクリントとケイトはサーカス団に立ち向かうが、二手に分かれたところでクリントは捕まってしまう…

    ホークアイの個人シリーズ第2話は、ホークアイの名をいったんは譲り渡した相手であるケイトとの共演回。この後、ケイトはこのシリーズのレギュラーキャラになる。
    お話は単純だけど、冒頭にクリントに向かってケイトが、4本の矢を同時に射てみせてと軽口を叩き、後半のアクションで実際にケイトがそれをやってみせるところや、さらにその直後にクリントがそれを上回るような曲芸射撃を見せるあたりが見事な構成。悪党から盗んだ金を正義の味方であるホークアイが巻き上げ、ボートで颯爽と去っていく幕切れも爽快で素敵だ。
    ラストの会話がまたクリントとケイトの微妙な距離を表現してておもしろい。なぜ自分を相棒として選んだのかというケイトの問いに、クリントは色々と答えた後で、"...BECAUSE I DON'T WANT TO SLEEP WITH YOU?"と言っちゃっているけれど、さて、どうなるやら。

    HAWKEYE #1

    WRITER:MATT FRACTION, ARTIST:DAVID AJA

    ニューヨークのブルックリンに住んでいる、ホークアイことクリント・バートンは、自分の住んでいるアパートの所有者であるマフィアの一員、イワンが住人を追い出そうとしているのを目撃する。彼は一月に家賃を3倍にも値上げした上に、払えなければ部屋を出ろと言うのだ。
    契約書に不備がないことを知りながらも、自分の隣人を救おうと決意したホークアイは、バッグに札束を詰め込み、イワンがたむろしている非合法のカジノへ向かうのだが…

    マット・フラクションの新シリーズは、挑戦的な要素を多く含みつつ、ヒーローの枠を上手く広げた作品。
    第1号からして、ホークアイがいつものコスチュームを着ているのは最初の2ページくらいで、あとはTシャツかスーツで、弓を使うシーンもないという徹底具合。敵役もジャージ姿のマフィアで、所有する建物を売り払うために住人を追い出そうとする程度の、言ってしまえば小悪党だ。そういった連中を相手にしつつ、隣人達の苦境を救おうと一肌脱いだり、自分のピンチを救ってくれた犬を必死で救おうとしたりとするクリントの姿が、ちゃんとヒーローに見えるのがいいよね。アベンジャーズのお調子者かつ数少ない常人ヒーローというホークアイというキャラに、ローカルヒーローとしての立ち位置がぴったりはまっているのが素晴らしい。
    デヴィッド・アジャの特徴的なアートとコマ割も、作風にうまくマッチしていると思う。2012年で予想外の収穫だったシリーズのひとつだ。

    DAREDEVIL #14-15

    WRITER:MARK WAID, ARTIST:CHRIS SAMNEE

    いずこかに囚われたデアデビル。彼は五感とレーダーセンスを頼りに、そこがラトベリアであることを知る。
    彼の前に姿を現したラトベリアの財務大臣ベルテインは、オメガドライブの一件でデアデビルがラトベリアに不法な経済的損失をもたらしたとして、報復のため、彼の身体にナノマシンを注射する。
    デアデビルは一旦は放免されたものの、兵士に食ってかかったことを公務執行妨害として追われるはめに陥る。国境へ向けて逃亡を続けながら、自身の超感覚が失われつつあることに気づくデアデビル。ナノマシンは彼の神経に作用して、その機能を奪うためのものだったのだ。
    国境への脱出も失敗したデアデビルは、全ての感覚を奪われ、動くこともままならないまま、ドゥーム城で研究材料とされるが…

    オメガドライブ編から一転してのラトベリア編は、マットの超人的能力の源である超感覚が奪われる展開。#14冒頭でのわずかな痕跡から自分がラトベリアにいると察するシーンと、#15冒頭で全ての感覚を失い真っ暗で何もわからないシーンが対照になっていて、絶望的な状況を端的に表現している。
    そこから回復したわずかな能力でか細い希望を求め、最後に勝利をつかみ取る演出が素晴らしいね。小さな勝利なんだけれども、それがもたらすものは大きいという意味で、ラストに助けに現われる人物のアクションが派手なのもカタルシスがあっていい。

    DAREDEVIL #13

    WRITER:MARK WAID, ARTIST:KHOI PHAM

    ブラックスペクターの脅迫を受け、デアデビルはオメガドライブを首に提げてニューヨークの夜へ飛び出す。彼を追って他の犯罪組織、ハイドラ、エージェンス・ビザンチン、シークレットエンパイア、A.I.Mも姿を現し、夜の街で激闘を繰り広げる。複数の組織を相手に、さすがのデアデビルも苦戦し、とうとう捕らえられてしまう。さらに、そこへ現われたブラックスペクターの増援が、他の犯罪組織を蹴散らし、とうとうオメガドライブを手にする。

    オメガドライブ編の完結編。オメガドライブを奪ったブラックスペクターについては、ちょっと拍子抜けするようなオチが待ちかまえていて、どういう結末になるだろうと期待していたら肩すかしを食らった気分。とはいえ、ラトベリアへ転送されてしまう最終ページの展開には(広告等で次号の表紙を知っていたとは言え)驚かされた。
    一方でフォギーはマットの言動への疑念を募らせ、彼の仕事部屋で驚くべきものを発見してしまう。マットが「明るくなった」裏に一人で抱え込んでいる問題があるのではないかというフォギーの懸念は、#1からちょくちょく描かれてきたもの。最新号(#22)を読んだ後で見返すと、それだけではない伏線めいた描写があって驚かされるけれど、このペースだと#22の紹介なんていつになることやら。
    プロフィール

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    06 | 2017/03 | 07
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。