スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SUPERGIRL #8-10

    WRITER:MICHAEL GREEN, MICHAEL JOHNSON, ARTIST:GEORGE PEREZ(#8), MAHMUD ASRAR(#9-10)

    ワールドキラーを退けたものの、脅威を感じた兵士達に銃口を向けられるスーパーガール。そこへ飛び込んできたのは、彼女にも理解できる言葉を話す白髪の少女だった。スーパーガールはともかくも彼女を連れてその場を逃れる。シボーンという名のその少女はスーパーガールに、自分はダブリンからニューヨークへ移り住んだばかりだと説明する。動物たちの交わす言葉すら理解して話すことができる不思議な能力を持つシボーンの誘いに乗り、彼女の住まいへ向かったスーパーガールは、変装してシボーンと共に夜の街へ出かける。
    ナイトクラブで歌うシボーンの声に聞き惚れるカーラだったが、突如様子の変わった聴衆が彼女に襲いかかる。さらにシボーンの父ブラックバンシーを名乗る男が現われると、それに呼応するようにシボーンも怪人シルバーバンシーへ姿を変え、ブラックバンシーに戦いを挑む。ブラックバンシーは娘であるシボーンの魂をつけねらい、かつて彼女の兄トムをその手にかけていたのだ。
    シボーンを気遣い彼女のそばにいようとするスーパーガールだったが、ブラックバンシーの力によりクリプトン人の能力が暴走し、人々を傷つけてしまう。ブラックバンシーに一矢報いようとその身体に飛び込んだ彼女は、ブラックバンシーの体内に広がる世界でその化身たるドラゴンに脅かされる。さらにはクリプトン人の力も失いかけていることに気づいたスーパーガールを助けたのは、かつてブラックバンシーに吸収されたトムだった。彼の助けを借り、ドラゴンを撃退するスーパーガール。
    スーパーガールとトムを吐き出したブラックバンシーはシルバーバンシーに吸収され、トムと再会した喜びによってその姿もシボーンのものに戻る。かくしてスーパーガールに、地球人の友人が二人できたのだった。

    スーパーガールの次なる冒険は、クリプトン人にとって相性の悪い魔法という力との戦い。とは言っても、お話の主眼は初めてできた地球人の友達シボーンとの交流かな。はじめて具体的に「守りたい人」ができたスーパーガールが、力の及ばない相手にせいいっぱい立ち向かう姿には素直に声援を送りたくなった。
    スポンサーサイト

    WONDER WOMAN #7-12

    WRITER:BRIAN AZZARELLO, ARTIST:CLIFF CHIANG

    ハデスに攫われたゾラを救出するため、地獄へ下る術を求めて、エロスとヘファイストスを訪ねたワンダーウーマン達一行。
    そこでワンダーウーマンはヘファイストスから、自分たちアマゾン族がいかに一族の血筋を維持してきたのかを聞かされる。アマゾン族は百年に三度、略奪の航海に出る。彼女たちはその航海で男と交わり、孕んだ子が女児であれば一族として迎え、逆に男児が生まれればヘファイストスと武器の取引をするための代償にされたというのだ。ヘファイストスの工房で働くアマゾン族の男たちが彼の奴隷であると感じたワンダーウーマンは、ヘファイストスを縛り上げ、彼らに自由を求めて立ち上がるよう語りかけるが、アマゾン族の男たちは、自分たちを育ててくれたヘファイストスは父であり、今の自分たちは幸せであると語る。結局、ワンダーウーマンも彼らの言葉を受け入れるのだった。

    ヘファイストスの作った武具に身を固め、エロスの拳銃を手にしたワンダーウーマンは、ヘルメスと共に地獄へ下る。地獄でゾラと再会した彼らだったが、地獄の支配者たるハデスは、ゾラを返すかわりにエロスの拳銃を要求する。ワンダーウーマンに拳銃を渡されたハデスはしかし、その銃で彼女を撃ち抜いてしまう。倒れたワンダーウーマンの意思により、ヘルメスはゾラを連れ二人で地上へ帰還する。そしてハデスはワンダーウーマンとの婚礼を宣言するのだった。

    ハデスとワンダーウーマンとの婚礼に、しかし神々はほとんどが招待に応えようとはしなかった。そんな中で地獄に向かったヘファイストスとエロス、そして彼らの同伴者として同行するレノックスは、地獄が支配者の結婚を祝うために死者の魂で荘厳な姿になっているのを目撃する。
    婚礼の席へと向かう途上、ハデスはワンダーウーマンに、婚礼に先駆けてウェディングリングを渡すことを提案する。しかし彼の言うウェディングリングとは、絞首台に設えられたワンダーウーマンの武器、捕らえた者に真実を語らせる投げ縄だった。ハデスはそれに首をかけたまま、愛を誓えとワンダーウーマンに命じるが…

    ワンダーウーマンの新シリーズ、2巻収録の物語は、この後地獄からの脱出を経て、ゾラの出産を目前に控え動き出したアポロとアルテミスの兄妹との対決を描いていく。
    全編を通して、神々が口にする、何かを得るためには対価が必要であるという考え方と、ダイアナとゾラの間に結ばれている約束という言葉の対照がひとつのテーマなのかなという気がする。その意味で、最終的にアポロと取引をしてゾラを守りきったはずのダイアナが、悲劇に見舞われたゾラと新たな約束を交わす#12のラストは深い意味を持っていると思う。
    一方で次々に登場する神々は相変わらず魅力的。今回新たに姿を見せたヘファイストスとアマゾン族の男たちの関係については、ヘファイストスがヘラの第一子でありながら、足の曲がった奇形児であるために彼女から疎まれていたという由来が下敷きになっていて、もちろんそれは望まれない子として生まれ、捨てられる運命にあるアマゾン族の男たちと重なる。アマゾン族についての新設定はどうかと思うけど、ワンダーウーマンのオリジン変更と方向性が揃っているのは評価できるかな。
    物語はこれから一転して、ワンダーウーマンは守り逃れる立場から一転して追いかけ、狩る立場にかわることになる。その中で現われるダイアナの異母兄弟たちもまた魅力的で楽しい。そのうち単行本1册分くらいのエピソードをまとめて紹介したいと思う。

    EARTH2 #1-6

    WRITER:JAMES ROBINSON, ARTIST:NICOLA SCOTT

    new52とは異なる世界の地球。異世界アポコリプスの軍勢により征服される寸前のこの世界で、ヒーロー達の反撃が開始される。バットマンの開発したコンピューターウイルスをアポコリプスの拠点であるタワーにインストールし、連鎖的に全てのタワーを破壊、アポコリプスの兵士であるパラデーモンを全て戦闘不能にしようというのだ。
    しかしその戦いの最中、スーパーマン、ワンダーウーマンが倒れ、ウイルスのインストールに成功したバットマンもまた、自爆装置の起動により帰らぬ人となった。タワーの破壊に際しスーパーガールとロビンはブームチューブの彼方へ消え、多くの犠牲と共に戦いは終わる。
    それから5年後、将来に不安を感じる青年ジェイ・ギャリックの目の前に、この世界の神々の最後の生き残り、マーキュリーが現われる。アポコリプスを上回る悪から逃れてきたと語るマーキュリーは、その最後の力でジェイに素早さの神としての力を与える。
    マーキュリーの遺した言葉に従い、世界政府軍から身を隠しながらフラッシュとしての能力を試すジェイ。アメリカから瞬く間にポーランドへと移動した彼の前に、翼を持つ女性ホークガールが現われる。
    一方、世界的企業GBCの若きCEOアラン・スコットは、中国を高速鉄道で移動中に恋人サムに告白するが、その直後、列車が大事故を起こす。恋人を失ったアランだったが、生命の化身と名乗る存在に命を救われ、地球を守る新たなチャンピオン、グリーンランタンに選ばれる。
    そんな中、世界中で植物が枯れる現象が発生し、ワシントンDCには灰色の使者グランディを名乗る存在が現われた。フラッシュとホークガール、グリーンランタンは、それぞれにその存在を察知し、アメリカを目指す。さらに、世界政府軍の超人兵士アル・プラット、コードネーム『アトム』もまたワシントンに降下する。しかし、アトムは混乱の中フラッシュらを攻撃、彼らを捕らえることが自分の任務の一部だと明かす…

    ジェイムス・ロビンソンによるDCのもうひとつの世界。
    このあと、単行本1巻相当の#6までは、アトムとその背後にいる世界政府の陰謀渦巻く背景をはさみつつ、ヒーロー達がグランディに対抗して力を合わせていく姿を描くことになる。
    一読して思うのは、これは全く新たに始まった物語であるということ。旧アース2の設定がオマージュ的に使われることもあるけれど、根本的にかつてのそれとは別物だということがこの作品の大前提にあると思う。
    そのことを端的に示しているのが、ニュースサイトなどで話題になったアランの設定変更。この作品では彼は同性愛者なわけだけれど、この設定を打ち出すことで、今度のアランはかつてのアラン・スコットや、彼が愛した家族、世界とは全然関わりのない別のものですよ、ということを示しているんじゃないかな。同性愛者という設定自体にも、恋人へ贈るはずだった婚約指輪がグリーンランタンとしての指輪になる、というギミックがあってそれなりに意味をなしていると思うので、このへん僕は肯定的に捉えている。
    その上で、今作は若きヒーロー達の群像劇としてドラマが作られていて、この点では非常に読みやすく、おもしろくできていると思う。ストーリーの中で初めてヒーローになるフラッシュとグリーンランタンの両者は、ヒーローになることを受け入れるのが早過ぎやしないかと思わないでもないけれど、5年前という、そう遠くない過去に世界規模の惨劇が起こっていたということで納得できないこともない。
    この二人なんだけれど、まだ能力もうまく使いこなせなかったり、何を信じるべきかわからなかったりするジェイに対して、アランはヒーローになってすぐに列車事故の犠牲者を救出したりと実に対照的。グランディとの戦いでもアランがリーダーシップを発揮することになる。けれどそんなアランがグランディに挑んでサムの幻影に惑わされ、一度は偽りの休息に身をゆだねようとする。一方で謎の人物スローンの助言により世界政府はワシントンへの核攻撃を決定し、発射されたミサイルが刻一刻と近づいてくる。
    この危機的状況のハラハラ感と、そこからの逆転が痛快で、ヒーローコミックとしてすごくよくできているな、というのが僕の印象。
    大きなひとつの世界をひとつのタイトルで説明しようという関係上、脇の設定を語るストーリーで1号分が費やされたりと、なかなか本筋が進まないのが難点だけれど、今のところは非常に楽しく読めている、そんなタイトルだ。

    STARMAN #0-3

    WRITER:JAMES ROBINSON, ARTIST:TONY HARRIS

    オパールシティの守護者であり、長きにわたって活躍してきたヒーロー、スターマンことテッド・ナイト。自身の研究の産物コズミックロッドを手に戦ってきた彼も、老いてヒーローの座を退くときがやってきた。
    テッドからスターマンの役割を受け継いだのは、彼の長男デビッド。一方で、アンティークを愛する弟ジャックは、ヒーロー活動に批判的で、父や兄とも折り合いが悪かった。
    しかし、デビッドはスターマンの仇敵である怪人ミストの息子カイルにより殺害され、ナイト家の血筋を絶やそうとするミストにより、ジャックもその身を狙われる。
    父が密かにジャックの元に送っていた、コズミックロッドの旧式版グラビティロッドの力で脱出に成功したものの、ジャックはカイルにもうひとつの武器コズミックベルトを奪われてしまう。屋敷を爆破され、自らも怪我を負ったテッドは、病院で再会したジャックに、オパールシティを離れるように伝える。ミストの指揮する複数の強盗団により、無政府状態に陥った街を、一度は後にしようとするジャックだったが、芸術家だった母の思い出の作品が危機にさらされていることを知り一念発起。グラビティロッドを手に強盗団を相手に大立ち回りを演じる。戦いの中でグラビティロッドを失ったジャックは、カイルの妹ナッシュと出会うが、何故殺し合う必要があるのかというジャックの問いに、ナッシュは彼を見逃す。
    ジャックは父のもとへ戻ると、彼が忘れかけていたもうひとつのコズミックロッドの情報を聞き、それを手に入れる。が、その隙にミストの知り合いで同じくヴィランであるシェイドにより、テッドは誘拐され、ミストの手に落ちてしまった。ミストの提案を受け入れ、ジャックはカイルとの一騎打ちに臨む…

    1994年に開始されたシリーズの最初のストーリーアーク。現在は単行本Starman VOL 01: Sins of the Fatherか、シリーズを発行順に収めた全集The Starman Omnibus Vol. 1 に収録されている。
    最初のストーリーアークを収めた単行本Sins of the Fatherは、僕が初めて買った原書で思い出深い。今読み返しても、オパールシティ上空で戦いながら、ジャックの胸中に様々な思い出が去来する#3の展開は素晴らしい。
    ジャック・ナイトは一見すると頼れる兄貴みたいな外見なのだけれど、その内面は実にナイーブで、ことあるごとに自分はヒーローじゃない、父や兄みたいにはなれないと苦悩する。その苦悩と、やっぱり街の危機を見捨てておけないというヒロイックな行動とのギャップがおもしろい。当然、最終的にはヒーローとして立ち上がっていくことになるけれど、その一方でこれまでのヒーローとは一線を画した存在であろうとする(パトロールはしない、タイツも着ない)姿勢に、ひねくれた性格を見ることができる。
    物語はジャックがヒーローとして成長していく一方で、ヒーローの宿命とも言える様々な問題を抱えていくことになる。この後のお話も機会があればこのブログで紹介するつもり。

    WONDER WOMAN #1-6

    WRITER:BRIAN AZZARELLO, ARTIST:CLIFF CHIANG

    ある日突然、モンスターに襲われた女性ゾラ。ギリシャ神話の神であるヘルメスに命を救われた彼女は、彼の導きにより、ワンダーウーマンと巡り会う。
    ヘルメスから、自分が妊娠していること、お腹の子の父親はゼウスであることを告げられたゾラは、ワンダーウーマン、そして傷ついたヘルメスと共に、嫉妬深いゼウスの妻ヘラの手から逃れるため、ワンダーウーマンの故郷であるパラダイス島へと向かう。
    パラダイス島で、女王でありワンダーウーマンの母であるヒッポリタの歓待を受ける一行。ヘルメスはゾラに請われ、ワンダーウーマンことパラダイス島の王女ダイアナの伝説を語る。生来子を産まないアマゾン族において、それでも子を欲したヒッポリタ女王が、月のない夜に、粘土で赤子を形作り、神々の奇跡を願った。そして粘土の赤子は魂を得た。それがダイアナ王女の誕生の伝説なのだ。
    その王女の帰還を祝う宴の最中にも、女王ヒッポリタは不穏な気配を感じていた。そしてその予感の通り、ギリシャ神話における闘争の神エリスが現われ、パラダイス島は混乱に陥る。彼女の力により、互いに同士討ちを始めるアマゾンの戦士達。ワンダーウーマンはエリスに立ち向かうが、エリスはワンダーウーマンに、驚くべき真実を告げる。彼女は粘土から生まれた存在ではなく、ヒッポリタとゼウスとの間に生まれた子どもだったのだ。
    一部を除き、そのことを知らされていなかったアマゾン族は、暴かれた真実に結束を乱す。そして自分を欺いていた母と袂を分かったワンダーウーマンは、二度と戻らぬ事を誓い、島を後にする。それでもゾラの何気ない言葉に思い直した彼女は、ヘルメスと取引をし、彼の杖を使ってパラダイス島へと舞い戻るが、時既に遅く、ヘラの怒りを受けたアマゾン族は蛇に、そしてヒッポリタは石像へと姿を変えられてしまっていた…

    DCの一大リランチを受けての、ワンダーウーマンの新シリーズ、単行本1巻相当となるのが、#1から#6まで。上に書いた#4までの展開の後、ワンダーウーマンは自分と同じくゼウスの私生児である男レノックスと出会い、ゼウスの不在を受けて天界の玉座を狙うポセイドン、そしてハデスの二人の神を相手にすることになる。

    同じような話の繰り返しになって恐縮なのだけれど、僕はこのシリーズも、パラダイス島の衝撃の事実あたりで、いったん読むのをやめてしまっていた。当時は旧来のオリジン(ヒッポリタ女王が作った粘土の人形に命が吹き込まれて、ワンダーウーマンが生まれたというもの)に大幅な変更を加えるやり方が話題先行の売り方に思えて、何となく反発したい気持ちがあったからだ。で、また同じ話の繰り返しで、まとめて読んだらすごくおもしろかったという(笑)。
    このシリーズの魅力は、まずダイアナのヒロイックさ。自分自身がアイデンティティーの崩壊にさらされ、故郷の一族を丸ごと失うことになるのだけれど、それでも守るべきゾラに対しては優しく、そして戦うべき敵に対しては凛として立ち向かう。ヒーローってのはこうでなくっちゃ、という姿を、まざまざと見せつけてくれる。スーパーガールが少女としての側面を丹念に描いていたのに対して、こちらは母性を前面に出している感じかな。それと、いざアクションシーンとなると容赦ない戦い方で血みどろになることもざらにある、という落差がすごく魅力的だ。
    もうひとつ、このシリーズで楽しいのが、神々の存在。彼らのビジュアルはリランチ前から大きく変更されていて、特にポセイドンとハデスはインパクト大。一方で、市井に紛れて暮らしているらしきゼウスの子ども達は、なんとなくニール・ゲイマンのサンドマンに登場するエンドレスや、同じ作者の作品アメリカン・ゴッズの神々を彷彿とさせる。これがアメリカ的な神様のイメージなのかな(ゲイマンはイギリス生まれだけど)。
    最新刊まで目を通してみると、現代に生きる神々の間にワンダーウーマンを放り込む、というアザレロの試みは、ゾラの出産でひとつのピークを迎え、そこからさらに発展して、今だ知られざる、新しい神々、というところに中心が移っているようだ。その意味からも、ついに登場した「新しき神々」ニューゴッズがどういう風に絡んでくるのかも楽しみ。
    プロフィール

    Triassic

    Author:Triassic
    アメコミのレビュー・感想を載せていくブログ
    ネタバレ注意

    リンクフリー

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。